中期経営計畫

現在の中期経営計畫

醫薬品事業の経営環境

國內の醫薬品業界は、醫療費抑制策の強化に向けた醫療制度の抜本改革、技術革新の進展、業界再編など、今後もこれまで以上の大きな環境変化により経営上の不確実性が高まっていくことが予想されます。

第六次5ヵ年中期経営計畫 持続的な成長を目指して 
~さらなる獨自性の追求~

醫薬品事業では、注力する4領域(泌尿器科、血液內科、難病?希少疾患、婦人科)を中心として、治療ニーズが満たされていない疾患領域を主なターゲットに、病気で困っている世界のより多くの患者さんに高品質で特長のある醫薬品を提供します。また機能食品事業では、製薬企業としての高い技術力を活かし、注力する4分野(健康食品素材、品質安定保存剤、プロテイン製剤、サプリメント)を中心として、市場ニーズに応える高付加価値製品を提供します。

以上の取り組みにより、持続的な成長と目指す姿である「ヘルスケア分野で存在意義のある會社」として、世界から評価されることを目指します。

第六次中期経営計畫6つの取り組み

第六次中期経営計畫6つの取り組み 第六次中期経営計畫6つの取り組み

醫薬品事業の経営環境

2018年度実績 2023年度中計目標 CAGR
売上高 1,147億円 1,500億円 5.5%
醫薬品 1,002億円 1,330億円 5.8%
機能食品 144億円 170億円 3.4%
営業利益 206億円 400億円 14.2%
親會社株主に帰屬する當期純利益 163億円 300億円 13.0%
EPS 242円 445円 13.0%
ROE 期間を通じて10%以上

日本新薬 2019年度~2023年度
第六次5ヵ年中期経営計畫

資本政策に関する基本方針

  • 當社は、企業価値を中長期的に高めることを目指し、持続的な成長の機會を迅速?確実に捉えるとともにそのリスクに適切に対応するため、必要となる十分な株主資本の水準を保持し、戦略的投資、研究開発投資および設備投資等の成長への投資を行うとともに、安定的な配當、機動的な財務諸施策を実施する。
  • 當社は、収益力?資本効率等を重要な経営指標と捉え、この目標値を開示する。
  • 當社は、増資やMBO等を含む支配権の変動や大規模な希釈化をもたらす資本政策を行う場合は、既存株主を不當に害することのないよう、適正な手続を確保するとともに、株主に十分な説明を行う。

過去の中期経営計畫

過去の中期経営計畫は下記からご參照ください。

日本新薬 2014年度~2018年度
第五次5ヵ年中期経営計畫

日本新薬 2009年度~2013年度
第四次5ヵ年中期経営計畫

日韩AV无码久久一区二区,精品无码久久久久久尤物,亚洲中文字幕AV无码天堂,亚洲国产AV一区二区三区四区
<蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>